機能/特長

機能一覧

Priduce Controller(コントローラ)

プリンタ制御 選択しているプリンタの印刷ジョブの優先度の変更や一時停止・再開、ジョブの削除、重複印刷の禁止・有効
プリンタの有効・無効の設定を行う。
プリンタプロパティの表示を行う。
複数のプリンタに対して一括でジョブの削除、一時停止、再開、プリンタの有効・無効、重複印刷の禁止・有効の操作ができる。
印刷ログの閲覧・集計を行う。また、帳票の表示・印刷を行う。
印刷ページ数
制限設定
選択されているPriduce Serverに登録されているユーザに対して印刷ページ数制限を行う。
ユーザー/コンピュータ毎の印刷ページ数、枚数、カラー/モノクロ/両面印刷等の詳細情報や統計情報集計を行う。
登録されているユーザグループをツリービューに表示する、
選択されたグループに所属しているユーザを一覧として表示する。
ユーザに対して印刷制限に関する設定を行う。
クライアント設定 登録されているクライアントに対してエコプリントの設定や、クライアントの設定を行う。
登録されているクライアントグループをツリービューに表示し、
選択されたグループに所属しているクライアントを一覧として表示する。
配信用のエコプリント設定や選択プリンタの拡張設定、コスト設定を行う。
印刷時ユーザ情報の透かし設定を行う。
クライアントに適用するデフォルトプリンタやクライアントのパラメータの設定を行う。
選択中のクライアントに対し、選択中のプリンタの設定情報の適用。もしくは配信用設定ファイルの一括適用を行う。
プリンタ毎に印刷時のインク/トナーの濃度設定を行う。(0%~75%)
プリンタ毎にテキスト、グラフィックス、イメージの個別の濃度設定を行う。(各0%~75%)
プリンタ毎に割付設定やモノクロ印刷の強制、両面印刷の設定を行う。
プリンタ毎に印刷時に挿入する透かし情報の追加・編集・削除や適用する透かしの有効・無効の設定を行う。
コントローラの設定
(環境設定)
接続先サーバー情報の追加・編集・削除やサーバーとの同居設定を行う。
プリデュースのライセンス更新を行う。
プリデュースのバージョン情報の確認を行う。
ログ出力レベルの設定を行う。
言語設定を行う。
コントローラの受信ポートの設定を行う。
サーバーの設定
(環境設定)
選択した接続先サーバーが保持する設定の編集を行う。
ActiveDirectoryとの連携設定を行う。
SQLServerのDBバックアップ、SQLServerへの接続情報の編集を行う。
ページ数制限に引っ掛かった際にクライアントに表示するメッセージの編集を行う。
印刷ログのファイルの拡張子とアプリケーション名とのマッピングを行う。
クライアント(ホスト)/クライアントグループの編集を行う。
ActiveDirectory未連携時のユーザ/ユーザグループの編集を行う。

Priduce Client(クライアント)

クライアント単独モード サーバー、コントローラとの連携を行わない。
クライアントのメインダイアログが表示できるようになり自分自身の設定変更を行えるようになる。
また、タスクトレイメニューに「Priduce Clientを開く」が追加される。
クライアント機能 クライアント自身のエコプリントの設定や印刷時節約設定画面の表示。
コントローラとの連携 コントローラからの生存確認に対し生存応答を返す。
コントローラから配信されてきたエコプリントに関する設定、クライアントの設定を保存し反映する。
サーバーとの連携 サーバーから送信されてきたメッセージを表示する。
タスクトレイメニュー Priduce Clientのバージョン情報の表示や、SDKのライセンス認証、エコプリンタの設定を行える。
インク/トナー節約設定 プリンタ毎に印刷時のインク/トナーの濃度設定を行う。(0%~75%)
プリンタ毎にテキスト、グラフィックス、イメージの個別の濃度設定を行う。(各0%~75%)
ページ設定 プリンタ毎に割付設定やモノクロ印刷の強制、両面印刷の設定を行う。
透かし設定 プリンタ毎に印刷時に挿入する透かし情報の追加・編集・削除や適用する透かしの有効・無効の設定を行う。

 

PrintOemHelper

印刷時ユーザ情報 サーバーに対して現在ログインしているユーザの印刷時ユーザ情報の取得を行い、
ドキュメントの印刷時に「印刷時ユーザ情報の印刷」が有効になっていれば透かしの挿入を行う。
印刷時の節約設定画面 ドキュメントの印刷時に「印刷時にを表示する」が有効になっていれば、プロファイル設定画面を表示し
印刷に利用しているプリンタのエコプリンタの設定・編集を行う。
また、印刷のキャンセルも行うことができる。
エコプリントログの収集 SDKから収集したエコプリントログを利用したネットワークプリンタのサーバーに送信する。

 

Priduce Server

プリンターの監視 プリンターやプリンターのジョブの状態を監視しコントローラへの状態の通知、印刷枚数制限のチェック、ログの収集を行う。
AD連携 ActiveDirectoryから組織情報、ユーザ情報の取得を行う。
クライアントとの連携 印刷枚数制限をオーバーした際に制限モードに合わせたメッセージをクライアントに通知する。
コントローラとの連携 コントローラから送られてきたプリンタ制御命令
(プリンタの無効・有効、ジョブの削除、ジョブの一時停止・再開、ジョブの優先度変更、重複印刷禁止・有効)
の制御を行う。
通知された期間やフィルター、履歴のモードより印刷ログの取得・集計を行いコントローラへ結果を送信する。
通知されてきたユーザ/ユーザグループの追加・更新・削除をデータベースに対して行う。
PrintOemHelperとの連携 送信されてきたエコプリントのログをデータベースへ登録する。
送られてきたアカウント名よりユーザ情報をデータベースより取得しPrintOemHelperへ送り返す。

 

Priduce Server Manager (サーバ管理画面)

 

サービス管理 Priduce Server Serviceの開始、停止を行う。
データベース管理 データベースのバックアップ、リストアを行う。
設定 Priduce Server Serviceの設定を行う。(ログ設定、ポート番号設定)

お気軽にお問い合わせください

製品の実物を見てみたい、費用を知りたい、導入までの流れを知りたいなど
どんなご要望でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ後の流れ

必要に応じて担当の者がご相談に伺います。お客様の了承なしに電話をかけたり
訪問営業することはございませんので、安心してお問い合わせください。

  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ