構成例

教員は、ご自分のPCに『Flowソフトウェア』をインストール。
学生は、リモコン型のクリッカー端末『CPS Pulse』を手元に用意。
これで、双方向授業がはじめられます。

教員用に必要な物 FLOW 学生用に必要な物 学生用クリッカー端末「CPS Pulse』 1.『Flowソフトウェア」をインストール済みのPC 2.プロジェクター 3.『CPS Pulse』用無線レシーバー

教員PC、プロジェクターのほかに必要なのは、
学生用クリッカー端末(CPS Pulse)と無線レシーバーだけ

Flowソフトウェア(問題作成·提示·回答集計) 無線レシーバTCPS Pulse」教員用) 学生用クリッカー端末(CPS Pulse)

学生用クリッカー端末『CPS Pulse』について

CPS Pulse
製品画像
CPS Pulse画像
対応問題タイプ
  • ・多肢選択
  • ・多肢選択複数解答
  • ・正誤
  • ・数値
  • ・テキスト入力
    (140英数字)
通信方式 無線
(専用レシーバーとの通信)
通信可能範囲 専用レシーバーから
約40メートル
最大接続台数 500台まで
(専用レシーバー2個必要)
バッテリー 単3電池 2本
対応OS (専用ハードウェア端末)
  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ